予想家プロフィール
堂本陸のロイスアンドロイス馬券

かつてロイスアンドロイスという馬がいた。トニービン産駒で、生涯成績は28戦3勝。

たったの3勝は大レースではなく、準オープン2勝、未勝利戦1勝という内訳だ。しかしながら、1994年の天皇賞・秋で3着、続くジャパンCも3着に好走した。

ロイスアンドロイスは新馬戦と未勝利戦で2着・2着・3着・2着・2着・2着と善戦を続けるも1着にはなれず、未勝利の状態のまま青葉賞に出走した。そこで格負けすることなく3着に入ったことで、「最強の未勝利馬」として、当時ちょっとした話題に。

青葉賞3着のあとは再び未勝利戦を使い、遂に1着になった時の鞍上は、まだ無名だったころの後藤浩輝であった。のちに若くして天国に逝った名手は、この時から騎手としての才能の片鱗を見せていた。

待望の1勝目を手にしたロイスアンドロイスは条件戦や重賞に出走し、相変わらず勝ち切れないが、ほとんど3着以内を外さなかった。前述したようにG1でも連続で3着に入ったのだ。当時はワイドや3連複がなく、私は複勝で大きく張って利益を得たことが自慢である。

「どんな相手に対しても、勝てないのだけれど善戦して馬券になる」というロイスアンドロイスのような馬は、いつの時代にも存在する。

そんなロイスアンドロイスのような馬を中心に、ワイドの絞り込み(1~3点)で馬券を買うのが私の現在のスタイルだ。

そうはいっても、決して単純ではない。近走の着順が安定している馬が突如として崩れるのが競馬なので、そこを見極める目が必要だ。また、たとえ近走の着順が悪くても、隠れた適性や可能性を見出せば好配当にありつける。

週明けには土日の全レースのパトロールビデオを見るほどエネルギーを傾けているが、週1回ぐらい地方競馬を買うこともある。土日の中央競馬は必ず提供し、もしも平日の地方競馬を提供する場合は無料メルマガで早めに告知させていただく。

◆馬券スタイル◆
1日1鞍を提供/ワイドの絞り込みで1~3点。

◆プレミアム情報◆
1日あたり1000ポイントでご利用いただけます。当日11時00分までに特設ステージの中にアップして、メルマガで連絡します。特設ステージへの移動は無料、価格も表示されます。メルマガを登録されていない方も購入していただけます。

◆特設ステージ◆
TOPページからログインすれば「特設ステージ」の項目が表示されます。ログインする前は表示されません。

◆無料メルマガ◆
登録や解除は何度でも自由自在(無料)です。

[バックナンバー]

2017/12/17 09:15
2017/12/16 08:00
2017/12/13 11:00
2017/12/10 07:45
2017/12/09 07:45
2017/12/06 12:00
2017/12/06 07:45

» 予想家一覧に戻る